Cutlery for blind people

盲目の人、視力の弱い人、治療により目が覆われている人でも美しく食事ができるカトラリーを研究しています。目の見えない人はお皿の上状況が分からないため食事動作が不自然になります。中でもお皿を持ち上げ直接口へかき込む動作は美しい所作とは言えません。自然な動作で食事をしたいというユーザーの願いを叶えるため、食器を持ち上げることなく簡単にすくったり刺したりできるカトラリーを目指しています。

第16回東海北陸作業療法学会発表 発表者 : 金沢西病院 山本洋輔

 

 

2016 –
Collaborator  金沢西病院 山本 洋輔
Award  医美同源デザインコンペティション 2016 大賞