Wheelchair for art viewing

美術館のための車椅子

 

美術作品の鑑賞は豊かな心を生み、生活の質を高めてくれます。しかし、美術館では長時間の歩行や立ち姿勢での鑑賞を強いられるため、高齢者や身体が不自由なユーザーは快適に鑑賞ができません。また、従来の車椅子は座面高が約430mmと低く、作品を見上げてしまう、家族や同伴者との見え方に差が生じる等、ユーザーの鑑賞体験や周囲とのコミュニケーションに配慮がありません。そこで、利用者の安全や周囲との関係、施設環境、絵画作品の展示基準等を基に座面高を600mmに設定した車椅子を提案します。利用者が恐怖感を抱くことなく最適な鑑賞体験を得られるよう検証を重ね、地面から170mmの位置に設けた昇降用ステップ、地面から750mm、座面先端から50mm前方の位置に設けた手すりによって安心して座面へアクセスすることができます。造形は車椅子に対するこれまでのイメージを払拭し、誰もが手軽に利用できるデザインを目指しました。

この車椅子は開かれた新しい美術館を体現する金沢 21 世紀美術館への導入を想定し、美術鑑賞のあり方、車椅子の運用管理、空間と調和するデザイン等について職員や学芸員の皆様と意見交換をしながら制作しました。ユーザー検証においては特別擁護老人ホームの皆様にご協力をいただき、身体の不自由な方々と共に検証、評価を実施しました。

 

 

 

DSC_0648-2

DSC_0873-2

DSC_0983-2

DSC_0102-2

DSC_0712-2

DSC_0057-2

DSC_0294-2

DSC_0702-2

DSC_0829-2

 

 

DSC_0365

DSC_0251 2

DSC_0295

DSC_0263 2

 

 

2016年 コンセプト

協力 金沢21世紀美術館   天童市美術館   特別養護老人ホーム万陽苑   金沢福祉用具情報プラザ   石川バリアフリーツアーセンター   ナカムラ室内装備

JID AWARD 2016 NEXTAGE部門賞