PALM – Hairdryer

ドライヤー

 

Print

 

Print

 

低握力で使用出来るヘアードライヤー

既存のヘアードライヤーは重心位置が手のひらから離れているため、高齢者や握力の弱い人には使用が難しい場合があります。重心位置を手のひらに近づけ、長さ調整や取り替えが可能なバンド形状を採用することによって負担を減らしました。

This hairdryer can be used by people who don’t have enough grip strength. Traditional hairdryer is unsuitable for people who have low-grip strength such as seniors. Reduced the distance between the center of gravity of hairdryer and the palm of a hand.

 

手のひらに近い重心

既存のヘアードライヤーは重心位置が手のひらから離れているため手首に大きな負担がかかります。形状を再考し、シロッコファンを採用しました。これにより重心位置が100mm程度手のひらに近づき、体感重量が軽くなると共に使用時の安定性が向上しました。

 

低握力でも持てる形

バンド形状を採用し、ヘアードライヤー本体を強く握ることなく手に引っ掛けるようにしてヘアーセットができるようにしました。本体が手のひらに収まる格好となり低握力で持つことができます。バンド部は肌になじむシリコン素材で成形され、長さの調節や取り外し、水洗いが可能です。ユーザーの使用状況や障害の程度などに合わせて自由に調節し、衛生的に管理することができます。

 

負担の少ない手と頭の関係

手のひらから送風口までの距離が近く、送風の方向も同じため、より感覚的に使用することができます。また髪を洗う動作のような、日常生活で繰り返される行為や身体に染み付いた経験がスムーズな使用につながります。

 

 

 

2

 

4

 

Print

 

7

 

 

 

Design Support Project 2015

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です